戻る
憲真 プロフィール
右手で墨が持つ奥深さに色を宿し、左手に想いを込める。
世界各国から招待を受け、日本の色を世界に魅せる唯一無二の活動家。
彼の描く世界観には、魂が込められ、描いてもらうと幸せを掴むというパワーがある。
そのため、日本のみならず、世界各国で彼の世界観を求める人が後を絶たない
憲真さんとの出会いは、上野丸井のgoukのポップアップショップです。
マネージャーさんとお会いして、お話を頂きました。
初めは、お衣裳をお借りしたいとのことでしたが憲真さんにお会いした時のインパクトで、
"衣裳を作りませんか?」"と提案しました。彼の描く文字と絵がとても強く、でもどこか優しい感じを醸し出す所から、このようなアイテムを考えました。
憲真さんのパフォーマンスを活かせるよう運動範囲を考えたドルマンスリーブのブルゾンとワイドパンツを提案させて頂きました。
強さと優しさをもつ彼の文字と絵を表現するのに、ブルゾンの表は水玉文様に文字で少し優しく、
裏は描いてもらった文字をそのまま刺繍することで強さで表現をしました。
また、インナーには、"指筆 "という技法で描く桜をそのまま転写プリントし、パンツの裾には今回の為に描いてもらった文字を動くたびに少し反射するインクでそのままプリントをしています。
第六弾 「書家」